#23 その先の世界を考えてみる

もう4月も終わろうとしています。

COVID-19感染拡大によるスペインの警戒事態宣言は、今日現在2020年5月9日(当日を含む)まで、計8週間に延長されています。

厳しい移動制限が敷かれてから、約1ヶ月半が経ちました。曜日の感覚はおろか月の感覚もないような感じですが、萌黄色に変わっていく自然や春らしい鳥たちの声が、ゆっくり移ろっている季節を教えてくれます。

庭からいつも見ている景色

子供の外出が制限付きで可能に

まだ感染者、死亡者ともに日々発生はしていますが、データ推移からは感染が確実に抑えられてきていることが読み取れるようになりました。

その甲斐あって、明日4月26日午前零時から、「14歳未満の子供の外出」が制限付きながら許可されることになりました。

在スペイン日本国大使館のホームページで、スペインにおける新型コロナウイルス感染症拡大を受けた対応等について(4月25日)を見てみます。

本日(25日)、西政府保健省令が官報に掲載され、明26日以降、14歳未満の子どもについては、1日1度、最長1時間、住居から1キロ以上離れない範囲で、9時から21時の間という条件の下、散歩を行うことができる旨、発表されました。なお、同散歩については、一度に最大で子どもに対し責任を有する成人1名と3人までの子どもでのグループで行うことが認められます。

https://www.es.emb-japan.go.jp/

必要不可欠な買い物などの外出が許されていた大人と違い、なにせ子供たちはもう6週間!も外出できなかったわけですから、条件はあっても外に出られるのは、子供さんはもちろん親御さんにとってもうれしいことではないかと思います。

これ以上、子供たちを室内に閉じ込めておくのは身体的・心理的な影響が大きすぎるということでしょう。

まだまだハードル高い「散歩」

しかし、残念ながら家に子供がいなくて犬も飼っていないとなると、やはり「散歩」そのものを目的とした外出は依然としてできないままです。

おかげで、運動習慣のない私が庭を走ることになったと以前の投稿に書きましたが、3週間前に「1日20分弱」だったスロージョグはいつの間にか「40分強」になりました。

だんだん身体が慣れてくると、自然にもう少し長く走りたくなるようです。

…なんて言ってみたりしますが、移動制限が解除されても走りたくなるかどうかはまったく未定です。

(2020年4月26日追記:警戒事態宣言は5月9日まで延長されましたが、もしこのまま感染速度が抑えられていれば、5月2日から大人の散歩が許可されるかもとのことです)

移動制限が解除されたあとの世界は

スロージョグの継続についてもそうですが、移動制限が段階的にであれ解除されたあと、自分が何をしたいと思うだろうか、世界はどうなっていくだろうか、ふと考える時もあります。

どこの国でもそうだと思いますが、移動制限によって現在ほぼストップしている観光業が再開される際には、まずは国内移動のみによる旅行を解禁するでしょう。

そこまで至る前に、幅広い抗体検査による実態把握、抗体があっても再感染しないかどうかの解明、感染の確実な沈静化、治療薬やワクチンの開発など、もちろんいくつものステップが必要でしょう。

かつ、自由な移動を解禁したことによって再び感染の波が来ないとは誰にも言い切れない。近い将来「以前と同じ状態に戻る」という想定は現実的でないのだと思います。

そうなると、多国間移動を伴う海外旅行が解禁されるのは、おそらくかなり先のことではないかと考えています。

日本人の方がスペインまで、「旅行」に来てくださることが「可能」になるのは、一体いつだろう。

また、お客様の立場になって考えてみると、そもそも「海外旅行」というものは多くの場合、「生活に必要不可欠」ではない。ある程度自由になるお金と時間がある前提で、選択可能なレジャーの中から選ばれるものだと思います。

今後日本の状況がどうなるかはわかりませんが、万一COVID-19に関連した経済的停滞の影響を受ける方が多くなったりすると、お財布の紐も固くなり、「海外旅行」に回していただける分はどうしても減ってしまうでしょう。

もしかしたら、世界的に、「海外旅行」のあり方やもつ意味が変わってくるということもあるかもしれない。既存のイメージであれこれ考えていても役に立たないかもしれない、という感覚が漠然とあります。

日本のお客様に来ていただけるのがどのくらい先であっても、(大げさではなく)それまで生き延びて、笑顔でお迎えできればそれが一番です。

そして、もしその日が生きている間に来ても来なくても、日本のお客様に、ガイドとして提供できる何かを見つけていこう。その時には、「以前と同じ」ではなく、新しいサービスやガイドとしてのあり方が存在しているかもしれません。

トネリコの芽が輝く季節

庭の向こうの原っぱではトネリコが芽吹き、きらきら眩しいです。

トネリコの芽吹き

ここのところ羊さんたちが通らないので、原っぱの草がだいぶ茂ってきました。

さて、我が家のねこたちは今日も、思い思いに散歩に行っています。自由でいいなぁ。

散歩が大好き!