#25 さらなる「警戒事態」延長、散歩は快調

日本のゴールデンウィークも終わり、5月も早1週間が過ぎました。

2020年3月14日に宣言されたスペインの「警戒事態」は、一昨日5月6日に4度目の延長が下院議会で承認され、5月24日午前0時まで継続となりました。

公共交通機関におけるマスクの義務化

在スペイン日本国大使館のホームページでは、COVID-19に関するスペインの情報が随時アップデートされています。

現状で最新の「スペインにおける新型コロナウイルス感染症拡大を受けた対応等について(5月4日)」を見ますと、前回の投稿に書いた規制緩和の各フェーズで可能になる活動について、詳細に説明されています。

が、各フェーズの内容以外に新しく追加された大事な点があったので、そちらを以下紹介したいと思います。

2.【重要】公共交通機関におけるマスクの義務化
(中略)
(1)公共交通機関におけるマスクの着用義務
公共交通機関(バス,鉄道,飛行機,船)の利用者は,鼻と口が覆われるマスクの使用が義務づけられる。船の利用者は,自己の船室にいる際にはその使用は義務ではない。定員が9名まで(運転手を含む)の公共交通機関の利用者は,マスクの使用が義務づけられる。公共交通機関の利用者との直接の接触がある公共交通機関の従業員は,マスクを使用するとともに,手を頻繁に消毒するためにアルコール液の利用が可能な状態にある必要がある。

https://www.es.emb-japan.go.jp/

これは、マスクの習慣がまったくなかった国で、思い切った措置の導入と言ってもいいかもしれません。

このマスク義務化にともない、政府がマスクを配布したことがEL ESPAÑOLの記事(5月3日付)に書かれていました。

Con el comienzo de la primera fase de la desescalada, las delegaciones y subdelegaciones del Gobierno han comenzado a distribuir desde primera hora por toda España 14,5 millones de unidades en nodos de transporte, municipios y entidades sociales.

規制緩和の第一段階開始にあたり、政府は朝一番からスペイン全土の交通拠点、市町村、各種団体において計1,450万枚のマスクを配布し始めた。(筆者訳、一部意訳)

https://www.elespanol.com/

ちなみに、マスクはつい最近まで私の身近ではなかなか手に入りませんでしたが、今は薬局やスーパーで売っているようです。

村のバルもテイクアウトで営業再開

現在の規制緩和フェーズ0において、飲食店の営業はデリバリーおよびテイクアウトが可能です。詳細は以下のように決められています。

【フェーズ0の適用地域及び同フェーズにおける規制緩和措置詳細について】
(中略)
(3)飲食店の営業
飲食店の営業は,宅配又は当該飲食店からの持帰りによらなければならない。飲食店内での消費は行うことができない。宅配に際しては,65歳以上の者及び脆弱者を優先して実施することができる。持帰りに際しては,人の密集を避けるべく,注文は電話又はオンライン にて行うこととし,飲食店は受取り時間を設定するとともに,受取り及び支払いのためスペ ースを確保しなければならない。ただし,飲食店において,車両に乗車した状態で注文及び受取りが可能な施設においては,当該飲食店における注文及び受取りを可能とする。飲食店の開店時間は,受取りの時間帯のみとする。

https://www.es.emb-japan.go.jp/

この規定にもとづいて、わが村に1軒だけあるバルもテイクアウトを始めるとのことで、チラシがWhatsApp(スペインで最も一般的なメッセンジャーアプリ)で送られてきました。注文方法を見てみますと…

・当店の週末テイクアウトメニューを楽しんでいただくには、1日前までにお電話ください。
・土曜と日曜のみ、お持ち帰りいただけます。
・ご注文は、午前10時から午後10時の間に電話もしくはWhatsAppにて受け付けております。

だそうです。

2ヶ月近くずっとお店を閉めていて、オーナーもつらかっただろうと思いますし、何より村の経済活動が再開されるのがうれしいので、今週末何か注文しよう、と夫と話しています。

散歩のありがたさと季節の花

さて、5月2日から解禁された散歩。村生活の大事な楽しみがやっと戻ってきました。

散歩が認められているのは1日1回ではありますが、村の人々と道で会ったり、話したりすることも増えましたし、庭にいて人の声や散歩の足音が聞こえることがあらためて新鮮だったりします。

人が動いているということが、こんなに特別だと感じるなんて、人生後にも先にもないのではと思います。

ちょうどこの季節はさまざまな色の野花やひなげしが、一面に咲き始めます。(昨年のひなげしの投稿はこちら

サンザシの白い花もそこここで見られるようになりました。

可憐なサンザシの花

この写真の枝はまだ三、四分咲きくらいでしょうか。満開になるともっとこぼれるように真っ白になります。

少しずつ、夏が近づいていますね。

花が終わると小さな赤い実をつける