#4 アーモンドの花

春が来ると、日本の桜のようにスペインのそこここで見られる、桜に似た花、アーモンド。

残念ながらお花見という習慣はスペインにはなさそうですが、広々した大地に点在する村々で、薄いピンクのアーモンドが咲き誇っている風景は、春の楽しみのひとつです。

花の色は白に近い薄い色から濃いめのピンクまで

薄いピンクの花を咲かせる木がもっとも多いと思いますが、写真のような少し濃い色の品種もあります。

アーモンドの花(濃い色の品種)

薄い色のも撮れたら撮ってみようと思います。

わが村やセゴビアは、今年は3月初めから徐々に咲き始めた感じですが、地中海側の温暖なバレンシアなどは2月20日頃には散り始めていたそうです。

ちなみに、去年(2018年)は4月上旬に咲いていました。今年は暖かくなるのが早かった上、気温がぐっと上がる日が多く、開花が早すぎたようです。

アーモンド前線?

テレビの天気予報でも、写真や映像を紹介しながら「◯◯ではアーモンドが咲き始めました」などと知らせていることもあります。でも「アーモンド前線」を地図上に描いているのは見たことがないように思います(どこかにあるのかもしれませんが!)。

よく考えてみると、日本列島は細長く幅が狭いので、国の上を横切る桜前線もそこまで複雑にならないんですね。スペインで「アーモンド前線」を描こうとしたら、縦横に広い国土でかなりややこしいことになって、「線」にならなそうな気もします。

春のスペイン旅行を検討される場合は、訪れたい地域のアーモンド開花時期を調べてみるのもいいかもしれません。

アーモンドの花(濃い色の品種、アップ)